食物アレルギーの赤ちゃん 〜 食物アレルギー

main_top_over_navi
main_top

食物アレルギーの赤ちゃん

生後間もない赤ちゃんでも食物アレルギーが出てしまうことがあります。これについては以前は妊娠中のお母さんの食生活が影響しているとも考えられていましたが、現在ではお母さんが妊娠中に食べたものと生まれてきた赤ちゃんの食物アレルギーに因果関係はないと考えられています。 離乳食がまだ始まっていない赤ちゃんにアレルギー症状が出るのは、お母さんの母乳に原因があるのです。 お母さんが食事で摂った成分が母乳にも混ざるために、その母乳を飲んだ赤ちゃんに食物アレルギーの症状が出てしまうということのようです。 しかし、その頃の赤ちゃんは血液検査でアレルゲンを調べることが無理な月齢ですから、実際このアレルギー症状が食物アレルギーのためなのか、あるいはダニやホコリ等のハウスダストで出たアレルギーなのかを判定するのは大変困難です。 赤ちゃんの食物アレルギーが気になるお母さんは、ぜひ自分の食生活を記録するようにしてみてください。食べたものと赤ちゃんのアレルギー症状の有無を見比べていけば、赤ちゃんの症状がお母さんの食べ物と関係しているかある程度素人でも関連を見つけられるかも知れません。また、お母さんは授乳期間はアレルゲンと呼ばれる食品を食べるのを、なるべく控えめにするようにしたらいいと思います。 とはいえ、心配しすぎてしまうと母乳が出なくなる等お母さんの身体にも悪影響が出てきてしまいます。また出産後のお母さんの身体や心にもよくありませんから、お母さんは規則正しくバランスの良い食事を取るように心がけましょう。 赤ちゃんの食物アレルギーはお母さんの責任では絶対にありません。そこを忘れず、母乳を与えた後は赤ちゃんの様子を気をつけて見守るようにすることが大事なことです。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 食物アレルギー All Rights Reserved.