食物アレルギーと遺伝の関係 〜 食物アレルギー

main_top_over_navi
main_top

食物アレルギーと遺伝の関係

食物アレルギーの症状が出てしまう人と出ないでいる人はどう違うか、その明確な差の解明はいまだなされていませんが、ただ体質の遺伝ということが大きく影響を与えていると言うことは事実のようです。 親である夫婦が食物アレルギーではないからと安心してしまうかも知れませんが、三親等の範囲までの中で何かアレルギーを持って人がいるような場合は注意する必要があるようです。 ただ、夫婦二人ともアレルギーがあっても、生まれてきた子ども達には何のアレルギーの症状も出なかったという場合だってありますので、そう重々しく考えて心配することはないと思います。 夫婦や近い親戚にアレルギーがあるご家庭では、生まれてきた赤ちゃんの離乳食になかなか始められないということがよくありますが、離乳食を遅く始めたからといって何かアレルギーに良いということはありません。スプーンの使い方の練習や味覚を教えるということのためにも、通常の離乳食のスケジュールに沿ってスタートさせましょう。 アレルギーは遺伝が関係しているということで、子どもに遺伝させてしまって可哀想なことをした、自分のせいだと胸を痛める親御さんも多いのですが、アレルギーは100%遺伝とはいえませんし、自分を責めるのではなくて子どもを見守り子どもをアレルゲンから守る安全で美味しいと感じられる豊かな食生活を送らせてあげることこそ親の大事な使命だと前向きに思いましょう。 生後半年位たちましたら、血液検査を行なって食物アレルギーのアレルゲンを突き止めることができますから、その食材を除去して離乳食を始めればいいでしょう。 子どもは成長するにつれ食物アレルギーが治ってしまう場合もありますし、今は食べられないものもいつかは皆と同じように口にすることができる日がくると信じて今できることをしっかりすることがとても大事なことです。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 食物アレルギー All Rights Reserved.