そばがアルゲンの食物アレルギー 〜 食物アレルギー

main_top_over_navi
main_top

そばがアルゲンの食物アレルギー

食物アレルギーを起こすと言われている食品には色々なものがりますが、その中でもそばのアレルギーは重い症状が出るため気をつける必要があります。ですので、お子さんに初めてそばを食べさせる時には十分気をつけて与えましょう。 そばがアルゲンとなって起きる食物アレルギーの症状として恐ろしいのは、喉のかゆみを感じたなと思ったら気管支が塞がってしまい呼吸困難に陥ってしまうことです。呼吸困難や喉のかゆみ以外にも、全身紫色の水ぶくれのような状態になる場合もあり、これも大変重篤な症状といえます。 また、アナフィラキシーショックと言われる全身症状を引き起こしてしまう場合もあり、ひどい場合は死に至るケースもあるますから十分注意する必要があります。 そばアレルギーの人はお蕎麦はもちろん、そば粉が使われている食品も避ける必要がありますが、たまに小麦粉が材料のクッキーだと思っていたら、そば粉も使われていたというようにお菓子類等にも使われている場合もあります。不安に思う場合は必ず購入する際には原材料に何を使っているのか、そば粉は使っていないかを必ず確認するようにしましょう。 また、お蕎麦屋さん等で外食する際、お蕎麦を避けてうどんを食べたが、お蕎麦を茹でた同じ鍋でうどんも茹でていたために、蕎麦アレルギーが出てしまったという例もありますので、お蕎麦を扱っているお店等で食事をする場合はアレルギー反応が起こりやすいということを念頭いおいておきましょう。 そばアレルギーは反応が出てしまうと重症になりやすいものですが、他のアレルギーと比べて気をつければ十分除去できるものですから、対処法をしっかりと見につけて生活すれば心配することはありません。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 食物アレルギー All Rights Reserved.