牛乳がアレルゲンの食物アレルギー 〜 食物アレルギー

main_top_over_navi
main_top

牛乳がアレルゲンの食物アレルギー

食物アレルギーの三大アルゲンといえば、卵、牛乳、大豆と言われており、その1つである牛乳。この牛乳が原因の食物アレルギーを持っている人は大変多いのです。これは牛乳の中に入っているカゼインとβラクトグロブリンという物質が原因で起きていると言われています。 牛乳による食物アレルギーが発症する時期は大変早く、生後1ヶ月?3ヶ月位が一番多いといわれています。症状としては、アトピー皮膚炎や下痢や嘔吐などが現れます。 赤ちゃんの母乳の飲みが悪く、機嫌が悪かったり下痢や嘔吐が続く等で牛乳アレルギーとわかった場合、母乳からアレルギー専用のミルクに切り替えなくてはなりません。母乳をあげられないというのはお母さんとしては大変辛く、お子さんが食物アレルギーという不安もあってこの時期悲しい思いをするお母さんがいると思います。しかし牛乳のアレルギーは9割の人が9歳位までには完治してしまいますので、あまりくよくよせず、赤ちゃんと楽しく過ごすことを心がけましょう。 ただ、赤ちゃんから幼児期にかけては、牛乳を与えたことで食物アレルギーが強く出てしまいアナフィラキシーショックとか呼吸困難等の重い反応が出てしまうこともありますので、十分注意をする必要があります。 牛乳アレルギーへの対処法としては、まず牛乳を含んだ食品を摂ることを一切止めることです。牛乳の代替食品としては大豆乳、消化乳などがあります。ただ、牛乳アレルギーの人が同時に大豆アレルギーを持っている場合も多いので、大豆乳に替える時は十分注意して与えることが大切です。 牛乳の食物アレルギーがある人というのは、たんぱく質に対しての過敏症になりやすく、その原因となるカゼインは化粧品やハム、ソーセージにも含まれていますので十分注意してください。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 食物アレルギー All Rights Reserved.