大豆がアレルゲンの食物アレルギー 〜 食物アレルギー

main_top_over_navi
main_top

大豆がアレルゲンの食物アレルギー

食物アレルギーのアルゲンには色々な食材が挙げられますが、その中の1つが大豆です。大豆は、醤油、豆腐、味噌、納豆等日本人に馴染み深い食材に使われていますので、毎日の食生活で十分注意することが大切です。 大豆以外の豆類にもアルゲンが含まれているものがあり、例えばピーナッツやそら豆、えんどう豆等にも食物アレルギーの症状が出てくることがあります。 大豆、卵、牛乳と合わた三つを三大アルゲンと呼び、幼児期に大変多いアレルギーですが、成長と共に段々軽減していくことが多いです。 大豆アレルギーの人は大豆を避ける必要がありますが、この大豆は様々な加工食品に使われているため、普段の食事から大豆製品を全て除去するということは大変なことにです。食物アレルギーを起こす食材の中には熱を加えることでアレルギーを引き起こすのを抑える傾向のあるものもありますが、この大豆は過熱して反応が弱まるということはありません。ただ、加工品とすることによって、その力が弱まるということはあります。 納豆、豆腐、味噌などの加工品にしますとアレルギー反応が弱まる傾向はありますが、逆にピーナッツや大豆油などでそのまま口にする食材の反応は強いと言われています。 インスタント食品や揚げ菓子等の油の中に大豆油を使っていることもありますから、必ず表示成分をよく見てから口にするようにしましょう。 日本人にとっては、味噌、醤油、豆腐というのはなくてはならない食材ですので、これらを除去した食生活と言うのは大変つらいものがあります。とはいえ大豆アレルギーがなくても、薄味で塩分控えめ、そして素材の味わいを感じて味覚を育てていくためにも、幼児期からこれらの食材は薄味じするようにしてはどうでしょうか。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 食物アレルギー All Rights Reserved.