食物アレルギーの原因になる“アレルゲン”と食物アレルギーのメカニズム 〜 食物アレルギー

main_top_over_navi
main_top

食物アレルギーの原因になる“アレルゲン”と食物アレルギーのメカニズム

食物アレルギーがどのようにして起きるのか、そしてそれに対してどのような対策をとったらいいのかを理解しておくということは大変重要なことです。アレルギーというと、春先に起きる花粉症が大変有名ですが、食物アレルギーも原因物質が違うだけで起きるメカニズムについては同じ仕組みになっています。 食べ物を摂ったことによって起こった食物アレルギーの原因は、食物に含まれているタンパク質が原因であり、この原因となる物質の事を“アレルゲン”と呼んでいます。アレルゲンが食べ物ですと、強引に体内に入って来てしまうわけですから、身体がそのたんぱく質を“異物”と認識し過剰反応してしまうため、身体の免疫システムが抗体を出して異物を排除ようとします。こうして身体の中でアレルゲンへの戦いが開始されてしまい、その影響が気管支や皮膚といった特定の場所に現れてきてしまうこと、これが食物アレルギーなのです。 食物アレルギーの原因物質が体内に放出される事によって、気管支や皮膚の反応、つまり呼吸器の麻痺、皮膚の湿疹というようなアレルギー反応が現れます。最悪の場合はアナフィラキーショックという大変重い症状が出てしまい、生命の危機にさえ陥ってしまうのです。 食物アレルギーが全くない人には普通の食事として全く問題なく食べられる食物でも、アレルギーがある人がほんの少しでも食べてしまうと、大変危険なことになります。食物アレルギーのある人の中には、ある1つのアレルゲンにだけ反応する人もいれば、何種類ものアレルゲンに反応してしまう人もいるという具合に、本当に様々なのです。その予防法としてはアレルゲンの摂取を避けることしかありません。もし食物アレルギーかなと思ったら、まずは何を食べたらいけないのか、食物アレルギーの原因物質となるアレルゲンを特定して、その後は一切その摂取を避けることが大切なことです。 アレルギーが出てしまう人と出ない人の違いについてはまだ原因などはっきりとは解明されていません。ただ、遺伝が大きく関係しているのではないかと考えられているようです。 食物アレルギーについては、早めの発見と徹底的な除去が大切なのです。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 食物アレルギー All Rights Reserved.