離乳食中に食物アレルギー症状が出てしまった時の対処 〜 食物アレルギー

main_top_over_navi
main_top

離乳食中に食物アレルギー症状が出てしまった時の対処

赤ちゃんに食物アレルギーのような症状が出てしまった時、それがどの食材のために出たのか、もしかしたら食物ではなくてハウスダストなどの他のことが原因ではないか、その判断が難しくなります。

お母さんは赤ちゃんに与えた離乳食について毎回きちんと記録を取りましょう。また食事の後の赤ちゃんの様子なども一緒に記しておくといいでしょう。その記録があれば、万が一アレルギー症状が出た場合に原因物質を突き止めるために大変役に立ちます。

「毎回同じ食物でアレルギー反応のような症状が出る」とか、「いつもは平気だったのに、今回だけ急に症状が出た」等とお母さんが感じたこともメモしておき、その記録を病院に持参して医師に見せれば、血液検査等でも原因が特定しやすくなるのです。

お母さんが赤ちゃんに離乳食をあげていて、もし普段と様子が違うな、変だなと感じることがあったなら、食べさせるのをすぐに止めてください。

その食材を食べさせなければアレルギー症状が出ないでいつもと変わらないというのなら、その食材が食物アレルギーの原因だという可能性があります。

軽い発疹や多少機嫌が悪い位でしたらすぐに病院へ行く必要はなく、健診等で医師に相談してみればいいでしょう。しかし、食事後急にぐったりとしたとか呼吸が荒くなり苦しそうなどの心配な変化がある場合は躊躇せずに病院へ行きましょう。

食物アレルギーを引き起こす物質つまりアルゲンとしては、卵が圧倒的に多いそうで、続いて、大豆や小麦、牛乳などだそうです。

これらを使った離乳食を与える時は、十分に注意して赤ちゃんの様子を観察してください。

食物アレルギーの中でも、そばアレルギーは症状が強く出てしまう傾向があり大変心配です。そばアレルギーでは突然呼吸困難になったりすることもありますので、赤ちゃんに初めてそばをあげる際は最初は1口だけにして、もし食べている途中で何か異変があったならすぐに食べさせるのを中断して症状を見守り、心配でしたら医師の診断を受けましょう。

赤ちゃんは自分では苦しいとか痒いとかは言えません。

そんな赤ちゃんの異変に気付いてあげられるのは、いつもそばにいるお母さんなのです。

◎関連ページ◎
アレルギーのある子でも大丈夫な食材宅配サービス


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 食物アレルギー All Rights Reserved.