食物アレルギーの表示をしっかりと確認する 〜 食物アレルギー

main_top_over_navi
main_top

食物アレルギーの表示をしっかりと確認する

一般に売られている加工食品には、表示成分以外に何が使われているかわかりにくく、食物アレルギーの方が安心して食べることができないものが多くありました。 そこで、平成14年からは加工食品のアレルギー表示制度が始まりました。これにより食物アレルギーの方も加工食品にアレルゲンが含まれていないかを確認して、安心して口にできるようになってきました。 食物アレルギーとは無縁の人にはあまり関係ない表示に思われるかも知れませんが、食物アレルギーの方にとっては少しでも口にしてしまうとアレルギー症状が強く出て死に至ってしまう場合もあるのですから、食品の中に自分にとってのアルゲンが含まれているのかどうかを確認するということはとても大切なことなのです。 アレルギー物質といわれる中でも特に卵、牛乳、小麦、蕎麦、海老、蟹、落花生の7つの品目についての表示が義務づけられていますが、これは卵や小麦などはアレルギー症状を起こす人が多いのと、蕎麦や落花生についてはアレルギー症状が起きた場合、重篤な症状になりやすいということで、義務づけられました。 このほかにも18の品目についてアレルギー表示を進めており、いくつか挙げますと、いか、いくら、さば、大豆、胡桃、ゼラチンなどがあります。 表示が絶対に義務付けられている7品目であっても、缶詰や瓶詰め等の加工食品、あるいは最初から箱等で包装されている加工食品については、表示がされていないこともありますので注意しましょう。表示がされていないものは食べない位の細心の注意が必要です。 また、容器が小さ過ぎて表示ができない加工食品、店頭で量り売りで売られているお総菜、カウンターで注文してから作るお弁当等には、食物アレルギーの表示がないことがあります。店頭に表示がされている場合もありますから必ず確認し、もしされていない場合は口にするのを注意した方が良さそうです。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 食物アレルギー All Rights Reserved.