食物アレルギーの赤ちゃんの離乳食 〜 食物アレルギー

main_top_over_navi
main_top

食物アレルギーの赤ちゃんの離乳食

お子さんにもしかしたら食物アレルギーがあるのではないかとお母さんが気が付くのは、大抵離乳食が開始される生後半年位からが多いようです。 離乳食の初期のうちは、おかゆや野菜スープ等をあげますから食物アレルギーがあったとしてもひどい反応が現れてしまうということはまずないのでびくびくすることはありません。けれども初めての食材を与えるという時は、慎重に気をつけてあげるようにしましょう。 初めての食材を与える時間としていいのは、もし食物アレルギーが出てしまっても病院に連れて行けるような時間で、赤ちゃんのご機嫌がいい時間帯がいいと思います。病院が終わってしまった後というのは心配なので夜は避けて、できたら午前中が一番いいのではないでしょうか。 初めての食材を与える際は、必ずスプーン1さじから始めて回を追うごとに少しずつ増やしてみましょう。そして赤ちゃんが食べた後はしばらく様子を見守って、痒くて機嫌が悪いとか発疹や下痢等のアレルギー症状が出ていないかを確認します。 また、食物アレルギーを引き起こしてしまう可能性の高い食品については、なるべく与えないようにしましょう。最近では卵や牛乳などをあげるのは、1歳を過ぎてからが良いとも言われているのです。 日本では昔から、早い時期に味噌汁の上澄み等を離乳食として与えていましたが、味噌汁には大豆が含まれていますから、心配な場合は1歳過ぎから使うようにした方がいいようです。これは大豆製品である醤油などにも言えることです。 また、食材はよく加熱すれば食物アレルギーの抗原性を低下することができますので、果汁なども最初のうちはよく加熱してから与えるようにしましょう。 最近ではベビーフードの種類も豊富で大変便利で重宝しますが、お子さんに食物アレルギーの心配があるとお考えでしたら、手間はかかってしまいますが添加物のないお母さんの手作りが一番安心だといえます。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 食物アレルギー All Rights Reserved.