食物アレルギーが引き起こす症状とは 〜 食物アレルギー

main_top_over_navi
main_top

食物アレルギーが引き起こす症状とは

食物アルレギーが引き起こす症状については、アレルギー反応を起こす身体の部分によっても違ってきます。いくつか主なものを挙げてみますと、皮膚や目・鼻等の粘膜への反応、消化器系への反応、呼吸器系への反応等が挙げられます。 皮膚のアレルギー症状として考えられるものは、湿疹、蕁麻疹、そしてかゆみを感じたり、あるいはむくんだりすることが考えられます。粘膜のアレルギー症状は、かゆみ、なみだ目、結膜の充血等があります。 消化器系の食物アレルギー症状として考えられるものは、下痢や嘔吐、腹痛などがあり、呼吸器の症状としては風邪に似た症状でたとえば鼻づまりやくしゃみ等があります。 食物アレルギーの色々な症状の中で一番恐ろしい反応が、アナフィラキシーショックという全身症状です。アナフィラシキーショックになりますと、意識障害、血圧低下、全身が浮腫んで気道が塞がる等して呼吸ができなくなり、場合によっては死に至ることもあるのです。 果実等を食べた時、唇や口の中の粘膜にかゆみがあったり、蕁麻疹が起こったりという一過性のアレルギー症状が起こることがあります。こういう症状が起きても大抵は短時間で治ってしまいますので、その場合は一過性のものだったとあまり心配する必要はありませんが、次に同じものを食べる時は十分気をつけるようにしましょう。 食物アレルギーで起きる症状としてはこの他にも、食物を摂取した後1時間位経って起きる胃けいれんや悪心や腹部の膨満感、そして腹鳴等があります。食後すぐの症状ではありませんし、こういう症状が食物アレルギーと関連しているとは思わずに過ごしてしまうことが多いのですが、これらも食物アレルギーに起因していることがあるのです。 ある食べ物を食べた後、必ずこれらの症状があると感じた場合、念のため病院で検査をしてもらって気をつけるようにしましょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 食物アレルギー All Rights Reserved.