食べ物で起きるアレルギー?食物アレルギー 〜 食物アレルギー

main_top_over_navi
main_top

食べ物で起きるアレルギー?食物アレルギー

アレルギーは色々な原因で起こります。花粉、ダニ、金属、そして食べ物によって起きる食物アレルギーというものもあるのです。 食物アレルギーは、原因物質が食物という形で体内に入ってくることによって、身体の中の免疫機能が過剰に反応してしまい、様々な症状が起きてしまうことなのです。 食物アレルギーの原因となって入る物質のことをアレルゲンと呼んでいますが、アレルゲンとしてよく知られている食物としては、卵、小麦、蕎麦、牛乳やチーズ、それに大豆やピーナッツなどが有名です。 食物アレルギーでは、全ての人が全てのアレルゲンによって反応を起こすわけではありません。蕎麦が駄目だが牛乳は大丈夫な人、ピーナッツにだけ反応が出る人など色々なのです。 また、アレルゲンを口にしたことによって起こる症状も様々で、口の周り等の皮膚が多少赤くなって痒みを感じるだけの人もあれば、ほんの少しを口にしただけなのに生命の危機に及ぶほどの重篤な反応を起こしてしまう人もいるなど様々なのです。 小さな頃に食物アレルギーが現れ小さい頃から治療を行なっている場合が多いのですが、成人後にそれまで大丈夫だった食物で急に発祥してしまうという例もありますので、今まで大丈夫だった方でも今後急に現れることもあると思っておいたほうがいいかも知れません。 この食物アレルギー、単に口から食べた食事からばかりではなくて、特定の薬剤、あるいは注射などでも反応が起きることがありますから気をつけることが大切です。 現代の日本でアレルギーの患者さんが増えている背景として、日本人の食生活が近年欧米化していることが原因とも考えらています。この傾向はこれからも進み、食物アレルギーも今後増加するのではないでしょうか。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 食物アレルギー All Rights Reserved.