食物アレルギーの人が自分でできること?対応策 〜 食物アレルギー

main_top_over_navi
main_top

食物アレルギーの人が自分でできること?対応策

食物アレルギーがある人は、何か食べ物を口にする場合には必ず使用されている原材料をきちんと確認して、アレルゲンとなるものが含まれていないかの確認をしっかり行なって慎重に食事をすることが大切です。そのためにも、何を食べたかをきちんと日記で書き残す習慣をつけておくことが大切と言われています。 アレレルギーの治療法は残念ながらまだしっかりと確立されているとはいえません。そのため、ひとりひとりの症状をしっかり把握した上で慎重に治療を行なっていくことがとても大切になっているのです。 そのために、自分でできる最も有効な対応策としては、自分が食べたものの記録をしっかり記録して症状が出た場合には医師に記録を見せて治療に役立ててもらうということです。 食物アレルギーの治療は薬の服用で治るとか改善されるとかいう簡単なことではありません。じっくりと時間をかけてその人の体質から変えていくことが大切になるのです。 乳幼児の場合に親ができる対応策としては、食物献立表を作成して徹底的なアルゲン除去の食事を作るということです。 また、周囲にも、勝手にお菓子やジュースを与えないよう、理解を得ておくことも大切です。また、子どもにもわかるようになってきたら、絶対に勝手に他の人からお菓子やジュースをもらわないように教育しておくこともとても大切なことです。 ある程度成長していけばアレルギー反応も弱くなりますし、また自分でこれは食べて良いものかどうかの判断もできるようになりますが、小さなうちは周囲の人に釣られてつい口にしてしまったり、お菓子をもらって食べてしまったりする危険が高いのです。 食物アレルギーのお子さんの親御さんは、小さなうちからしっかりとアレルギーのことを理解させ万が一食べてしまったら命にもかかわってくることを踏まえてきちんと教えてあげることが大切です。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 食物アレルギー All Rights Reserved.